宮崎の街ネタを毎日発信!!

田中泰子

イベント

約1万基の石灯籠や竹灯籠に一斉に火が灯る

第22回高鍋城灯籠まつり 2日間を通して、様ざまステージプログラムや物産展、マルシェなどを開催。特別ゲストで28日(土)20時からは「アルケミスト」、29日(日)17時からは「ジェラードン」が登場。夜の幻想的な空間も楽しもう。 ...
イベント

魂の音とリズム!打楽器アンサンブルの魅力

洗足学園音楽大学出身の男性で結成し、今注目を集める打楽器ユニット・打楽器集団『男群』。豪快なアフリカンパーカッションから繊細なマリンバ四重奏まで、多彩なジャンルと自由で独創的な音楽性が生み出す熱い音の世界を堪能しよう。
グルメ

県内産の食材がたっぷり 8種類の彩り豊かな餃子

日向特産のへべすを使った「へべす餃子」から始まり、鶏の炭火焼きをつめた「黒の餃子」、宮崎牛をゴロッと贅沢に入れた「宮崎牛の餃子」などバラエティーに富んだ8種類の餃子がある。それぞれの香りや甘み、旨味を食べ比べてみて!
グルメ

自家製ラードなどで手間ひまかけた飽きない味

豚肉、キャベツ、玉ネギに、自家製のラードやニンニクを入れたシンプルな味わいの餡を、毎日手包み。ひだは食感を考え、あえて2カ所のみ。ニンニク入りながらも芯を取って油で熱して入れるため、後に残らないと好評。
イベント

ギリシャ古典劇の魅惑の世界を旅しよう

2400年前の古代ギリシャ・テバイ。疫病により存亡の危機にあった。苦悩する国王・オイディプスの前に、過酷な運命が迫っていた。ヨーロッパ最古の劇とされるギリシャ悲劇の名作を、宮崎の演劇人と和太鼓奏者が独創的な解釈で現代に蘇らせる。出演は濵沙杲宏ほか。和太鼓演奏は今村脩哉。
イベント

伝統の喜劇でおなかの底から笑おう

現代にも通じる日常のなかの「笑い」を会話劇で表現する伝統芸能「狂言」。狂言の魅力をわかりやすく楽しく全国各地に伝えている名門・茂山千五郎家が出演し、「蝸牛」など人気の2曲を上演する。おおらかな狂言の世界を親子一緒に楽しもう。出演は茂山千五郎、茂山茂、網谷正美ほか。
グルメ

もちもちの自家製皮と肉の旨みがつまった餡

宮崎ブランドポークをかたまり肉からミンチにし、しょう油など調味料でしっかり味付け。県産のニラをふんだんに入れた、肉の甘みを感じる餡を、厚めの自家製皮で毎日手包み。ゆでて販売するため、そのままでも、焼いてもよし!
グルメ

夕飯にお土産に大活躍 コスパも最強の定番餃子

今や知名度は全国区。極薄皮が特徴の餃子は国産キャベツのシャキッとした食感、青森産ニンニクや豚の背脂による深みのある味がやみつきになり、いくつでも食べられる。打ち粉の量を調整して、好みの羽根つきに焼き上げよう。
イベント

秋の落ち着いた英国式庭園を演出

4つの本格的ガーデン“コテージ”“シーサイド”“フォーマル”“メドゥ”に約2000株の秋の草花が彩る。10月22日(土)は先着100名に花苗をプレゼント。23日(日)はハロウィンイベントとして、小学生以下の子ども各先着50名を対象に「カボチャ探しゲーム」と「松ぼっくりを使ったハロウィン飾りを作ろう」を行う。11月20日(日)は越年草を中心とした「植物販売会」もあり。
イベント

秋の夜空に美しい花火が彩る

宮崎市と新富町が合同で開催する花火大会。日本三大花火の一つ、大曲の花火との共演あり。出店販売は17~20時30分、17~21時は無料シャトルバスが運行する。荒天時は10月23日(日)に順延。
タイトルとURLをコピーしました