宮崎の街ネタを毎日発信!!

日向市

グルメ

和菓子と洋菓子がひとつに
イチゴをスポンジで包む大福

淡い薄ピンク色の求肥で春の桜を表現した大福。なかには一粒のイチゴをカステラ風のスポンジケーキと生クリームで包んでいる。やわらかくやさしい甘さのなかから顔をだす甘酸っぱさがたまらない。ミカンやマロン大福もある。
グルメ

甘さ控えめ新鮮スイーツ
フルーツたっぷりのタルト

新鮮なフルーツをふんだんに使い、美しく映えるスイーツを作るテイクアウト専門のミニカフェ。甘さ控えめで健康志向なスイーツづくりを大切にし、四季折々の果物でその季節ならではの商品を提供中。
おでかけ

快適なグランピング施設
3月1日グランドオープン

広大な敷地内には、手ぶらで気軽に楽しめる直径8m、高さ4.5mの優雅なドームテントが5棟あり、1泊2食付きで2名1室利用時1名1万6000 円~。うち1棟は中型犬2頭までの愛犬も同伴OK。『素泊まり・食事なし』は9000円~。食材の持ち込みは自由なのでキャンプ飯を作ってみよう。今後オープン予定の天然芝仕様のキャンプサイトにも期待。
グルメ

モチモチ細麺の釜揚げと
味がしみ込んだおでん

一度食べたらやみつきになるリピーター率が高い釜揚げうどん。毎日自社工場で、製造するモチモチの細麺はほんのり塩味。枕崎の鰹節、北海道の真昆布、宮崎産干ししいたけで作るつゆにつけていただく。独自の製法で作るフワッと丸い揚げ玉も美味しさを際立てている。おお供に豚ハラミや大根などのおでんも人気。
グルメ

新鮮でボリュームたっぷり
胃袋をみたすおふくろ食堂

昭和の雰囲気が漂い、朝6時から10号線を通る人たちの楽しみに応えてくれる食事処。オススメは『おまかせ定食』。その日オススメの、刺身盛り合わせに焼き魚、エビフライのセット。オーダーしてから料理してくれるので、新鮮で出来立てアツアツが食べられる。ほかにもうどんやそば、牛丼などメニュー豊富な大衆食堂。
グルメ

港町だから味わえる
希少価値たっぷりの海鮮丼

海の駅ほそしまの隣にある牡蠣小屋。昼から岩ガキやホウキ貝、エビを卓上で焼いて食べることができる。なかでも人気のメニューが海鮮丼。その日に水揚げされた魚を数種類盛った丼は港町ならではの鮮度バツグンさ。スーパーなどでなじみのない魚が食べれる贅沢な丼ぶり。
グルメ

ザクッザクッのヒレカツに
名物みそ汁の人気定食

日向市でトンカツと言えば創業52 年になる老舗のココ。“サクッ”の上をいく“ザクッ”とした衣の中からジューシーな肉汁があふれ出てくるヒレカツ。秘訣はパン屋から仕入れた食パンを直前に削って衣にして揚げるから。社長いわく「うちはトンカツより豚肉と玉ねぎのみそ汁が好評なんです(笑)」。ぜひ食べてみて。
グルメ

県内産の食材がたっぷり 8種類の彩り豊かな餃子

日向特産のへべすを使った「へべす餃子」から始まり、鶏の炭火焼きをつめた「黒の餃子」、宮崎牛をゴロッと贅沢に入れた「宮崎牛の餃子」などバラエティーに富んだ8種類の餃子がある。それぞれの香りや甘み、旨味を食べ比べてみて!
イベント

日向市史上最大規模の店舗が集合!

米の山や日向灘が背景に見える2.6haの広大な芝生広場に、ハンドメイドブース「iberis」「ヨンイチハチ工房」、飲食ブース「亀の子いちご園」「から揚げ きく家」など様ざまな種類の総勢約100店舗が出店。野外音楽ドームでは特別ゲスト「DACT CREW」「STUDIO COSMO」「AKBB」がステージを盛り上げる。ハロウィンの仮装で来場して楽しもう。最新情報はInstagramでチェック。
グルメ

群馬県水上市の名店の味 県内の無人直売所で買える

昭和15年創業の中華食堂「雪松」。評判の餃子を残そうと3代目店主の甥が味を継承し、無人直売所を全国416ヶ所に展開して販売している。昔ながらの餃子の味をぜひ。