宮崎の街ネタを毎日発信!!

延岡市

イベント

花で照らすみやざきの未来

「花で照らすみやざきの未来」をテーマに、日常に花のある暮らしを提案する『みやざき 花の祭典 2023』がイオンモール宮崎で開催。県産花き展示をはじめ、ワークショップやステージイベント、花と一緒にドリンク&スイーツ、雑貨を楽しめるカフェもオープン!お花にふれあい癒される2日間に出かけよう。
グルメ

できたての干物が味わえる
我が家のように温かい食堂

明治35年創業の高橋水産が、より多くの人に干物の美味しさを味わってもらいたいと、約5年前に始めた食事処。メニューは『前浜ランチ』1つのみ。アジの塩焼やサバのみりん焼きなど干物4種のなかから好みの魚を焼いてくれる。汁物は、がら海老やフエフキダイのアラ汁or夏場は冷や汁が選べる、コスパなランチ。
グルメ

鮮度と食べやすさがうれしい
港町で生まれたぜいたく丼

地どれ食材を中心に旬の料理を提供。オススメは海が近く新鮮な魚を入荷できるからこその『漁師めし』。厳選した魚を4~5種盛った丼に、特製のオリジナルダシをまわしかけていただく一品。食べやすさを考え、刺身をひと口大にカットして盛ってくれる配慮もうれしい♪高千穂産のそば粉で作った『そばセット』も人気。
グルメ

創業から36年かわらぬ味
すべてが手作りの自信作

小麦粉を使わず野菜のうま味でとろみのあるカレーを作る本格カレー店。インド風チキンカレーは20種類以上のスパイスを使いこなし、タマネギと完熟トマトがベースの香り高い自慢の一品。辛さは選ぶことができる。
グルメ

和だしと鶏だしで作るスパイスが効いたカレー

20種類以上のスパイスを使い、和だしと鶏だしから取るだしのダブルスープカレーで、地域に合わせたカレー作りを目指している当店。チキンカレーには骨なし鶏モモ肉とムネ肉がゴロっと入り辛さを選べる。旬菜でつくる副菜がトッピングしてある。
グルメ

グツグツと沸騰する 
具だくさんの豪勢鍋焼き

創業48年になる老舗。名物の鍋焼きうどんは、大きな土鍋に、打ち立てうどん麺、エビ、餅厳、鶏肉など11種類が入る。それぞれの具材の甘味や旨味がしみ出した土鍋の中は、やさしい風味とつゆのコク深さが一緒に楽しめる。
オープン・新ネタ

12月18日(日)いよいよオープン

野口遵のぐちしたがう記念館 延岡の歴史でもある記念館がリニューアル。延岡産木材を利用した温かみのある館内にはフリースペースや音楽ホール、野口遵顕彰ギャラリーなど、イベントや観光の拠点として地元の人が集える開放的な空間が広がる。一般の...
グルメ

群馬県水上市の名店の味 県内の無人直売所で買える

昭和15年創業の中華食堂「雪松」。評判の餃子を残そうと3代目店主の甥が味を継承し、無人直売所を全国416ヶ所に展開して販売している。昔ながらの餃子の味をぜひ。
グルメ

宮崎餃子発祥の店 67年かわらぬ味

皮は3種類の小麦粉をしっかりとこね、寝かせの作業を入れると丸々2日間かかる。餡は国産のキャベツと玉ネギ、ニラ、ニンニクを使い、牛肉と豚肉の合いびき肉で作る。餡も午前中に作り8時間から1日寝かせてから包む。タレもラー油も自家製。ニンニクはにおいを抑えるためにひと手間加えている。餃子職人の極みである逸品をぜひ味わってみて。
グルメ

モチッ&パリッ&シャキッの3つの食感がクセになる旨さ

延岡の大師さんのふもとにある同店。創業から53年、先代から受け継いだ餃子を、かわらずとも進化させた続けている。野菜、肉、水を厳選し、ニンニクは無臭のものを使用。タネの野菜は食感が楽しめるよう刻んでいるのが特徴。
タイトルとURLをコピーしました