40年の歴史をステキなエピソードとともに

収蔵作品展「40年目のバトン‐人とエピソードから振り返る‐」

同館の創立から現在に至るまで関わった人物やエピソードに注目し、所蔵作品とともに紹介。現在の美術館の方向性を作り上げた初代館長・野口徳次氏は、美術研究や若者育成に尽力した人物のひとり。当時の企画展や資料をもとに、なつかしい時間を過ごせそう。

TOPへ戻る