タウンみやざき

記事検索 and or

全国街コン公式サイト 街コンジャパン

世界で初めての上演を宮崎で!

オペラ「赤毛のアン」上演実行委員会

オペラアカゲノアンジョウエンジッコウイインカイ

赤毛のアン実行委員長・見山先生

「オペラに馴染みのない人にも親しみやすいアンの物語、ぜひ見に来てください!」

時代を超えて、国を超えてファンを魅了する世界的ベストセラー小説「赤毛のアン」。このオペラ舞台制作上演権を世界で初めて同協会が獲得し、ついに世界初演が叶う。「発案からは10年」と振り返る上演実行委員長の見山靖代さん。「青春時代に影響を受けたアンの世界をオペラで表現したいと思い、原作者であるL・М・モンゴメリの相続会社に企画書を送ったんですがなかなかいい返事をもらえなくて。しかし日本語訳を手がけた松本侑子さんとのご縁があり、ここまで漕ぎつけました」。台本・演出は注目の倉迫康史氏、作曲・音楽監督に活躍中の佐橋俊彦氏。キャストやオーケストラはすべて宮崎県人で、美しいカナダのプリンス・エドワード島の舞台をこの夏宮崎で表現する。

日程8月25日(土)・26日(日)
時間25日 昼13:30開演・夜18:30開演   26日 昼13:30開演
会場メディキット県民文化センター演劇ホール(宮崎県立芸術劇場)
料金S席6000円、A席5000円、自由席4000円

オペラ「赤毛のアン」上演実行委員会問合せ

住所 宮崎県 宮崎市 下北方町713-5
TEL0985-27-4353

最新記事

グルメ

組み合わせは25種類!お気に入りのパスタをどうぞ

ランチメニューに生パスタが登場。プレーン・ルッコラ・ホウレンソウ・バジル・ミスタの5種類の麺と「ウニ明太イカ」「明太大葉おろし」など5種類のソースを組み合わせて注文できる。オススメはホウレンソウパスタの『茄子・トマトソース』800円。さらにプラス200円で取り放題のサラダバー・フランスパンもセットにできる。そのほか、10種前後の『カレーランチバイキング』850円もあるのでそちらも要チェック。

営業時間11:30~14:00(LO13:30)、18:00~24:00(LO23:45)※ランチは月曜~金曜日、第2・4土曜日
定休日日曜日、祝日
駐車場なし
20席

2018-12-12[作成]

グルメ

宮崎×大阪のさっぱりタコ焼きが新登場

日向の名産品・へべすを使ったコラボたこ焼き『ねぎしおへべす』750円が登場。へべすをもっと広めたいという思いで活動している“へべすくん”ことへべす農家の神林光さんと、本場大阪の味を提供するたこ焼き店・どんげや店主の石川良さんのタッグで生まれた3月末までの期間限定メニュー。鶏ガラベースのダシ入りタコ焼きに、白ネギと特製へべす塩をかけて提供され、一般のへべすよりも甘みのある“黄へべす”をしぼって楽しむ。へべすのさわやかな酸味と香りでさっぱりと食べられる。「たこ焼きとへべすの意外なコラボを楽しんでください!」と石川さん。

営業時間17:00~翌1:00※金曜日、土曜日、祝前日~翌2:00、日曜・祝日~0:00
定休日なし
駐車場なし

2018-12-12[作成]

イベント

建立1300年!地域一帯で盛り上げる節目の祭り

法華嶽薬師寺1300年記念大祭

建立1300年を迎える、日本三大薬師と称される寺院のひとつ「法華嶽薬師寺」。期間中の3日間限定で本尊の御開帳や、朝の修行・座禅止観体験、護摩祈祷などが開催される。10日(日)には、県内各所の寺院の住職が集まり読経を行う「大法要」のほか、「時代行列」が行われ、和泉式部や伊東マンショ、西郷隆盛など法華嶽薬師寺にゆかりのある人物に扮した人々が参加する。さらに、民芸品のうずら車づくり体験や日本庭園での野点、近隣施設をまわるスタンプラリーなど、楽しめる催しが盛りだくさん。「祭りをきっかけに仏縁を身近なものとして感じて欲しいです」と住職・福嶋龍然さん。

グルメオープン

1月11日㈮オープン!記念キャンペーンも要チェック

部位ごとに質の高い肉を厳選して提供する、県産牛をメインに扱う焼肉店。「地元の美味しい肉を味わってほしいです」とオーナー・飯星正和さん。オープンから4日間、ご飯・ソフトドリンク、アルコール2時間飲み放題が無料になるキャンペーンを実施。貸切プランは応相談。


営業時間17:00~24:00(LO23:30)
定休日なし
駐車場あり
40席

2018-12-12[作成]