タウンみやざき

記事検索 and or

集落に広がる色鮮やかな光景

日之影町中川地区

ヒノカゲチョウナカガワチク

日之影町地域振興課

ヒノカゲチョウチイキシンコウカ

日之影町観光協会

ヒノカゲチョウカンコウキョウカイ
開催4月上旬

青雲橋から車で30分ほどで着く中川地区は、約3万本のチューリップが咲く圧巻のお花見スポット。矢筈岳と比叡山も一緒に眺めよう。 

期間4月上旬
イベント

中川チューリップまつり 4月8(日)9:00~ 

駐車場なし※周辺駐車場利用

日之影町中川地区会場

住所 宮崎県 宮崎市 中川地区

日之影町地域振興課問合せ

住所 宮崎県 西臼杵郡 日之影町 岩井川3398-1内 〒882-0402
TEL0982-87-3910

日之影町観光協会問合せ

住所 宮崎県 西臼杵郡 日之影町 岩井川3398-1 〒882-0402
TEL 0982-78-1021
URLhttp://hinokage-kanko.jp/

最新記事

グルメイベントおでかけ

西諸県地域応援企画!!

夏の食彩フェスティバルinえびの

硫黄山などの噴火の影響を受けている西諸県地域で、食を通じた応援イベントが開催。えびの市、小林市、高原町の新鮮な農産物や加工品、ご当地グルメが大集合。子どもたちが大好きなアンパンマンショーなど、楽しいイベント盛りだくさん。ぜひ遊びに行ってみよう。※荒天の場合中止

おでかけオープン

オールラウンド作家の小さなお店がオープン

出産を機に、ベビー用品を作り始めた手塚しょうこさん。その後20年近く、アクセサリーやドライフラワー、袋小物など、作りたいものを素直に作り、Ivory(アイボリー)の名で活動してきたオールラウンドタイプの作家です。 この夏、「hair design space green」敷地内に念願のコンテナハウスショップをオープン。約6畳ほどの店内には、スワッグやアクセサリー、お弁当セットなど、ひとりの作家が手がけたとは思えないバラエティ豊かなアイテムがぎっしり。おすすめは、ウニの殻やエアープランツを使ったビーチデコ。綿毛のタンポポが入ったボトルフラワーも好評です。今後は1~2名対象のワークショップも予定しています。

営業時間10:00~18:00 
定休日月曜日
駐車台数共同駐車場利用
交通バス停・公園道路入口より徒歩1分

2018-08-10[作成]

グルメ

通いたくなるバリエ豊富なランチメニュー

「料理を楽しんでもらいたい」とランチに力を入れ、15:00まで提供。オーストラリアで料理修業をした店主・西川諒さんが腕を振るう料理は、チキン南蛮からバルサミコ酢ソースで味わうローストビーフ丼、25段階まで辛さを選べる辛麺まで、多国籍でバリエーション豊か。「SUN LUNCH SET」は月替わりの肉か魚のメインに、地元の野菜を使った小さなおかずが6品ほど付きます。必ず入るトリュフクリームの出し巻卵は、独自の発想が光る一品です。 14時以降はカフェ利用がOK。オーブンで焼き上げるフワもち食感のパンケーキをぜひ。

メニュー/SUN LUNCH SET1000円・辛麺 1000円・ローストビーフ丼1180円・ロコモコ丼1000円・タコライス1000円・ミニカップカフェ400円

営業時間11:00~15:00(LO14:30)
定休日日曜日
座席数カウンター席/3席テーブル席/16席(うち座敷席8席)テラス席/なし
駐車台数 11台
交通日南駅より徒歩10分

2018-08-10[作成]

おでかけ

巾着から紅籐のカゴまで、たくさんのバッグたち

巾着やポーチ、トートバッグ、カゴバッグなど、袋物やバッグを製作する南里 文さん。自宅に隣接したショップを開いて4年になります。看板アイテムのひとつは、色や大きさが幾通りもある帆布のトートバッグ。バイオッシュ加工されたタイプを使っているので、ノーマルな帆布と違い、洗濯をしてもシワがつきにくいのもファンが多い理由です。 「自分用に作ったものを15年愛用しています」と南里さんが話す紅籐のカゴバッグは、近年、ファッション誌でもたびたび取り上げられ、季節を問わず通年活躍するアイテムです。価格は1万3000円台からと相場よりグッとお手頃。バケツ型やだ円型が人気です。

営業時間11:00~17:00
定休日火・木・土・日曜日、祝日
駐車台数3台
交通日向新富駅から車で3分

2018-08-10[作成]