タウンみやざき

記事検索 and or

最新記事

グルメイベントおでかけ

西諸県地域応援企画!!

夏の食彩フェスティバルinえびの

硫黄山などの噴火の影響を受けている西諸県地域で、食を通じた応援イベントが開催。えびの市、小林市、高原町の新鮮な農産物や加工品、ご当地グルメが大集合。子どもたちが大好きなアンパンマンショーなど、楽しいイベント盛りだくさん。ぜひ遊びに行ってみよう。※荒天の場合中止

2018-08-16[作成]

おでかけオープン

オールラウンド作家の小さなお店がオープン

出産を機に、ベビー用品を作り始めた手塚しょうこさん。その後20年近く、アクセサリーやドライフラワー、袋小物など、作りたいものを素直に作り、Ivory(アイボリー)の名で活動してきたオールラウンドタイプの作家です。 この夏、「hair design space green」敷地内に念願のコンテナハウスショップをオープン。約6畳ほどの店内には、スワッグやアクセサリー、お弁当セットなど、ひとりの作家が手がけたとは思えないバラエティ豊かなアイテムがぎっしり。おすすめは、ウニの殻やエアープランツを使ったビーチデコ。綿毛のタンポポが入ったボトルフラワーも好評です。今後は1~2名対象のワークショップも予定しています。

営業時間10:00~18:00 
定休日月曜日
駐車台数共同駐車場利用
交通バス停・公園道路入口より徒歩1分

2018-08-10[作成]

グルメ

通いたくなるバリエ豊富なランチメニュー

「料理を楽しんでもらいたい」とランチに力を入れ、15:00まで提供。オーストラリアで料理修業をした店主・西川諒さんが腕を振るう料理は、チキン南蛮からバルサミコ酢ソースで味わうローストビーフ丼、25段階まで辛さを選べる辛麺まで、多国籍でバリエーション豊か。「SUN LUNCH SET」は月替わりの肉か魚のメインに、地元の野菜を使った小さなおかずが6品ほど付きます。必ず入るトリュフクリームの出し巻卵は、独自の発想が光る一品です。 14時以降はカフェ利用がOK。オーブンで焼き上げるフワもち食感のパンケーキをぜひ。

メニュー/SUN LUNCH SET1000円・辛麺 1000円・ローストビーフ丼1180円・ロコモコ丼1000円・タコライス1000円・ミニカップカフェ400円

営業時間11:00~15:00(LO14:30)
定休日日曜日
座席数カウンター席/3席テーブル席/16席(うち座敷席8席)テラス席/なし
駐車台数 11台
交通日南駅より徒歩10分

2018-08-10[作成]

おでかけ

巾着から紅籐のカゴまで、たくさんのバッグたち

巾着やポーチ、トートバッグ、カゴバッグなど、袋物やバッグを製作する南里 文さん。自宅に隣接したショップを開いて4年になります。看板アイテムのひとつは、色や大きさが幾通りもある帆布のトートバッグ。バイオッシュ加工されたタイプを使っているので、ノーマルな帆布と違い、洗濯をしてもシワがつきにくいのもファンが多い理由です。 「自分用に作ったものを15年愛用しています」と南里さんが話す紅籐のカゴバッグは、近年、ファッション誌でもたびたび取り上げられ、季節を問わず通年活躍するアイテムです。価格は1万3000円台からと相場よりグッとお手頃。バケツ型やだ円型が人気です。

営業時間11:00~17:00
定休日火・木・土・日曜日、祝日
駐車台数3台
交通日向新富駅から車で3分

2018-08-10[作成]

グルメ

体にやさしいスコーン専門店商店街の元気にも一役

都城・千日通りで一際目立つポップな外観。ハワイスタイルの大きくてゴツゴツしたスコーンが看板商品です。病気を経験し、食の大切さを痛感したという店主・甲賀麻衣子さん。自然卵や菜種油、有機全粒粉など九州産の素材にこだわります。作るのはパン職人である夫の達巳さん。常時約10種類を揃えテイクアウトも好評。店内で食べるならフレッシュフルーツを使ったソフトタイプもおすすめです。祖母が都城におり、千日通りに思い出があったという甲賀さんが一家で移住し2016年にオープン。スコーンを通して、地元を発信する夢も膨らませます。

メニュー/ブルーベリークリームチーズ350円・オーガニックスパイスチャイ480円・メイプルウォルナッツ 350円・オーガニックアールグレイ300円・自家製スパイシージンジャーエール 480円・ココナッツバナナ(金・土曜日限定)300円・イタリアオーガニックレモン(6~9月)300円

営業時間10:00~18:00(LO17:00)
定休日火・木・日曜日
座席数カウンター/6席テーブル/24席テラス/なし
駐車台数要問合せ
交通バス停・広口より徒歩3分

2018-08-10[作成]

おでかけ

“私”だけのオシャレを叶えてくれる

子育てしながら自宅でもできる仕事を、と2015年よりハンドメイドの世界に飛び込んだ樫村絵美さん。SNSで作品を発表したところファンが増え、昨秋、ショップをオープン。全国誌や有名百貨店からポップアップストアの声がかかるなど、一気に世界が広がりました。 樫村さんの作品の魅力は、既製品にはない個性的なデザイン。ピアスとイヤリング、髪飾りのみに特化し、シックなヴィンテージ素材を中心にした大人っぽい雰囲気です。アシンメトリーやツーウェイなど使い方の幅を楽しめるアイテムも多数。価格は2000~40000円程度で、普段づかいからおめかししたい日までお気に入りが見つかるはず。

営業時間平日10:00~15:00*臨時休あり、要問合せ
定休日不定休*週末営業日や出店情報はインスタグラム(@takeme.pw)でお知らせ
駐車台数  5台
交通バス停・乱橋より徒歩すぐ

2018-08-10[作成]

夜空に輝く花火は必見

宮崎ナイトリレーマラソン2018inこどものくに

「おとながこどもに戻る夜」をテーマに5回目の開催となる同大会。ライトアップされ、音楽にのりながら3時間内に1周1kmのコースを何週走れるか競う。MCにジェイミーを迎え、DJや参加賞、「手ぶらでBBQ」と題し応援の人も一緒に楽しめる。今年初めて競技終了に合わせて花火が約75発打ち上がる花火は必見!!

部門①ロング②ミドル③ショート④キッズ⑤リレー
種目①リレーマラソン②リレーマラソン+手ぶらでBBQ③手ぶらでBBQ
部門①②一般、職場、学生、ファミリー※各チーム2名以上15名以下③応援、一般
定員
料金①3500円、高校生以下2000円②5700円③3000円※保険、参加賞、エイドステーション、軽食含む
対象一般(制限なし)、職場(全員同じ職場)、学生(全員同じ学生)、ファミリー(高校生以下1名以上含む家族・親族のみ※複
締切8月17日(金)
申込同大会ホームページ、専用申込用紙※大会事務局まで要問合せ

2018-08-10[作成]

宮崎の神話を短歌で親しむかるたが登場

記紀編さん1300年の節目と、みやざき歴史文化館の開館25周年を記念して『短歌がいざなう 日向(ルビ:ひむか)神話かるた』1200円を販売。監修は宮崎を代表する歌人・伊藤一彦さんと県立看護大教授・大館真晴さん。伊藤さんが新たに詠んだ短歌44首の読み札には子どもにも読めるようにひらがな表記あり。取り札はその短歌にちなんだ場所や人物、風景などの写真とともに裏面に大館さんの解説を掲載。子どもから大人まで宮崎の神話を楽しみながら学べるかるた、ぜひ使ってみて。

販売場所みやざき歴史文化館、佐土原歴史資料館、天ケ城歴史民俗資料館

2018-08-10[作成]

グルメ

フォトジェニックなスイーツが食べ放題

ランチタイム限定のスイーツビュッフェが人気。ひと口サイズのタルト・ケーキ・ゼリーなどが常時20種類以上並び、6種のフリードリンクと合わせて1080円でいただける。オススメはパリパリカラメルが香ばしい「クリームブリュレ」。キウイやグレープフルーツなど、季節の果物を選んで自分で作れる「フルーツ炭酸水」もあり、カラフルなビジュアルと自分だけの味が楽しめる。

営業時間

11:00~15:00(LO14:30)、17:00~22:00(LO21:00)

店休日

なし
駐車場宮崎山形屋と同じ
42席

2018-08-10[作成]

延岡の郷土力士・琴恵光関が来宮

10年ぶりとなる大相撲延岡場所冬巡業を12月7日(金)に開催。白鵬、鶴竜、稀勢の里など横綱・大関に加え行司や呼出しなど総勢280名が訪れ、本番さながらの真剣勝負や大迫力の体格、独特の雰囲気を間近で体験できる。公開朝稽古や、幕内取組・結びの一番(横綱対決)・横綱土俵入り、弓取式など本場所では見ることのできない催し物が満載。なかでも見どころは七五調の囃子歌「相撲甚句」や相撲の禁じ手を面白おかしく紹介する見世物「初っ切り」など。全席にオリジナル記念座布団が用意され、持ち帰ることもできる。日本の伝統ある国技をたっぷりと堪能しよう。

料金タマリS席1万4000円、タマリA席1万2000円、2人マス席2万2000円、イスS席1万、イスA席8000円、福祉席(2人)1万5000円、ステージ席(2人)1万6000円、2F席5000円

2018-08-10[作成]

イベントおでかけライフ

いのちを考える24時間チャリティーリレー

アメリカの病院でスタートした、がん撲滅チャリティー企画。賛同者からの寄付金・募金で運営、経費を除いたすべてを「日本対がん協会」へ寄付する。参加者が24時間周回する会場には食事を提供するブースのほか、ステージを併設。催しはがん啓発の講話やダンス、音楽など。8日(土)夜にはメッセージやイラストが書かれたルミナリエが点灯し、参加者たちの足元を優しく照らす。がん患者をはじめ家族、企業などがチームを組み参加、交代で歩いてもOK。参加やボランティアは当日も受付ける。

2018-08-10[作成]

タウンみやざきWebサイト限定!アンケートに答えて宮崎の“イイモノ”GET

チョコレート専門店「meme chocolat」の絶品スイーツを2名様に

今回のプレゼントは宮崎市丸山のチョコレート専門店「meme chocolat」の絶品スイーツ。ショーケースにはベルギーのクーベルチュールを使用した、濃厚なスイーツが並びます。お茶や日向夏、イチゴなど、宮崎の食材とペアリングしたオリジナル製品のほか、フィナンシェや数量限定の「memeロール」などが人気。他では味わうことのできないコクのあるテイストは、同店ショコラティエが独自に研究を重ね生み出したもの。シェイクやジェラートなど、新作が登場するなか、オープン以来の定番、世代を問わず愛される「ドーナツショコラ」の5個入りを2名様にプレゼントします。ガトーショコラのようにしっとりとした食感と、深いチョコレートの色あいのドーナツ。ギフトとしてはもちろん、とっておきのコーヒーブレイクにもぴったりです。受渡しはmeme chocolat店頭にておこないますので、ご了承ください。


応募フォーム コチラからご応募下さい
受付期間

 2018年8月10日(金)~2018年9月9日(日)


2018-08-10[作成]

グルメ

選べるソースが楽しいヘルシーな低糖質ビュッフェ

フィットネスクラブの2階に6月末オープン。グルテンフリーの低糖質メニューをビュッフェ形式で提供します。色鮮やかな野菜サラダに、肉・魚、米粉のパンやピザ、パスタなど。小麦粉は一切使わず、野菜を麺状に切ったベジヌードルなどヘルシーメニューにこだわります。手作りのドレッシングやディップ、ソースが豊富に揃い、どの料理も好みの味付けでいただけます。藤原牧場のハーブ牛や、ながとも農家のキャベツディップなど地元高鍋の食材にも目配り。デザートはロースイーツ、ドリンクは酵素たっぷりのコールドプレスジュースを3種から選べます。

メニュー/・ビュッフェ1250円(デザート・ドリンク付きは1500円)・コールドプレスジュース450円~・コーヒー400円

営業時間11:00~14:00(LO13:30)*カフェタイムも予定
定休日木・日曜日、祝日
座席数カウンター席/なし テーブル席/14席 テラス席/なし
駐車台数フィットネスクラブTFC駐車場利用
交通バス停・蓑崎より徒歩3分

2018-08-09[作成]

グルメ

多目的カフェ空間小林の情報発信・交流の拠点へ

東京から移住した上岡唯子さんが、昨年10月にオープン。コワーキングスペースとしても機能し、仕事におしゃべりにと思い思いに過ごす人の姿が見られます。多品種を楽しみ、長居もできるようにと自家焙煎コーヒーのおかわりは200円。週末は夜カフェも営業し、使い勝手の良さは抜群です。ワークショップも開催し、「人と人とを結ぶ場所でありたい」と上岡さん自身が求めていたカフェを実現しています。看板ランチは、注文ごとに作るフレッシュカレー。地元の食材にこだわった料理から自家製スイーツまで、手間ひまかけたメニューが充実しています。

メニュー(3~5個)/・フレッシュカレーのプレート1000円・キッシュプレート1200円・米粉のシフォンケーキ400円・ハーブチキンのプレート1000円・塩あんこのホットサンド600円・日向夏のレアチーズケーキ(5~8月)450円

営業時間10:00~18:00(LO17:00)*金・土曜日は21:00(LO20:00)まで
定休日日曜日(月曜不定休)
座席数カウンター席/8席 テーブル席/16席 テラス席/なし
駐車台数10台
交通バス停・市役所下より徒歩10分

2018-08-09[作成]

グルメ

ソファやテーブル、器まで一つひとつが味わい深い

国道沿いながら、つい見逃してしまいそうな小さくて可愛いお店。店内にはアンティークのホーロー鍋やガラス食器などが飾られ、柱時計が時を告げます。「年月を重ねたものが好き」と語る店主・森山いずみさんの好きなものを集めた空間です。昭和レトロな雰囲気は、大人世代には懐かしく、若い人には新鮮。幅広い世代が、この温かみのある空間を求めて訪れます。自慢は配合を追求したチーズケーキ。夫の英明さんこだわりのオムライスやカレーもおすすめ。3色あるクリームソーダなど、昭和の喫茶店を彷彿させる遊び心のあるメニューでも和ませてくれます。

メニュー/・オムライス黒850円・チキンカレー850円・季節の野菜のキーマカレー850円・オーナーのきまぐれパフェ650円・青いクリームソーダ500円


営業時間11:00~18:00 *金・土曜日、祝前日は11:00~17:00、18:00~22:00(要確認)
定休日
火曜日*臨時休はインスタグラムでお知らせ
座席数カウンター席/2席テーブル席/8席(うち座敷席4席)テラス席/なし
駐車台数4台
交通バス停・鶴ヶ峰前より徒歩すぐ

2018-08-09[作成]

今年初開催♪宮崎が誇る大自然青島を盛り上げよう~青島周遊バス

外装と内装をラッピングした南国宮崎らしいバスが青島や堀切峠、道の駅フェニックスなどを土日祝日、期間限定で運行。青島で漬かるお得な割引特典もあり!バス内でもらえるスタンプラリーの用紙にバスで巡る5ヶ所に設置されているスタンプを押して県産品が抽選で当たるスタンプラリーも開催。土日祝日限定で何回乗っても500円のワンコインパスも販売中~♪夏の思い出に楽しんでみて☆

運行期間~9月2日(日)までの土日祝日、8月13日(月)、14日(火)、15日(水)
※詳しくは要問合せ

2018-08-09[作成]

イベント

図書館の面白さを新たに見つけよう!

新館30周年記念 みどりの図書館フェスタ

今年で新館30周年を迎え、館内全体を使った記念イベントを開催。2階研修ホールでは、伊藤一彦名誉館長の記念講演や、県民から募集した多くの世代に伝えたいオススメの1冊を紹介する読書イベントが行なわれる。1階ギャラリーでは、10時半からオリジナルの記念しおりや読書手帳づくりの体験会を実施。ほかにも、本の読み聞かせや初開催の図書館見学ツアーなど、子どもから大人まで楽しめる企画が盛りだくさん!図書館の面白さを再発見できる1日が過ごせるよ。

時間9:45~
問合せ同会場総務・企画課℡0985-29-2911

2018-08-09[作成]

ステキな音楽にふれあえる集いの場に

大広間を改装、テーブル席やカウンター席を設け、ひとりでも気軽に立ち寄れる空間にリニューアル。店内にはグランドピアノが設置され、生演奏を聞きながら食事やお酒を味わえる。音響機器やプロジェクターなどの設備も充実しているので、会議やイベント会場としても利用可能。会場は定員40名で使用料金は食事代のみでOK。「誰でも音楽に親しみながら、ゆっくり過ごせる場所をまちなかにつくっていきたい」とオーナー・濱元貴子さん。

営業時間17:00~23:00(LO22:20)
定休日日曜日※祝日の場合は月曜日
駐車場なし
席数80席

2018-08-09[作成]

グルメ

旬の食材を楽しめるアットホームな雰囲気の居酒屋

「食事だけでも気軽に来店して下さい」と店主・谷口雅典さん。約40種類のメニューはすべて手作りで、旬の食材を使った料理はほぼ300~650円とリーズナブル。17時30分~18時30分限定の『だれやみセット』1100円のみで提供される地鶏もも焼もぜひ。

営業時間17:30~LO22:30
定休日不定休
駐車場あり
席数25席

2018-08-09[作成]

大人カワイイが溢れる高い技術とサービスに大満足

淡い大人ピンクの扉が目印のサロン。カウンセリング重視でひとりひとり丁寧に対応。メニューは『カット(シャンプー・ブロー込)』3780円『パーマ』7700円~。ほかにも『カラー』5080円~や『リタッチ(3cm内)』4000円などあり。

営業時間10:00~20:00(平日)、9:00~19:00(土日祝日)
定休日月曜日
駐車場あり

2018-08-09[作成]

イベントおでかけ

“釣りバカ”祝100巻!

ハマちゃんのふるさとでイベント開催

1979年から連載がスタートした国民的サラリーマン漫画「釣りバカ日誌」が今秋、単行本100巻目の節目を迎える。原作者であるやまさき十三さんと主人公・浜崎伝助(ハマちゃん)の出身地・都城市では、地元建設会社役員の杉村秀之さんらが記念事業の実行委員会を発足。ハマちゃんの実家のモデルである文具会社「山崎文科堂」が主催となり、全面的にバックアップする。10月には山崎文科堂の敷地内でPRイベントを開催予定。100巻目の単行本販売や記念品のプレゼントなどを準備。また、屋外に読書ブースを設置するほか、店舗の壁に絵を描く参加型の催しも企画中。「記念すべき節目を機に、地元から“釣りバカ”の魅力を広く発信したい」と杉村さん。ファンならずとも楽しめる事業を、今後も拡大していく。

2018-08-09[作成]